ベルト葉酸サプリとは

 

葉酸は、水溶性のビタミンなので、身体の中では蓄積されずらく、

 

いつも飲用することが肝要な栄養素です。

 

でもお食事に含まれる葉酸は、熱に弱く、

 

長期保存や料理によって失われるので、

 

日頃の食事からはなかなか飲用することが難しいのです。なので、

 

サプリメントから葉酸を補うことが肝要で、厚生労働省も食品以外

 

からの葉酸摂取をお勧めされています。

 

 

葉酸はビタミンB群の1つで、他のビタミンB群、特にビタミンB12と一緒にはたらきます。

 

妊娠初期において貴重な栄養素であり、妊娠前から充分量を飲用することで、おなかの赤ちゃん

 

の生育を助け、 胎児の「神経管閉鎖障害」という先天異常が現れる

 

可能性を減少させることが明らかにされています

 

妊婦の栄養に欠かせないため、2000年から厚生労働省より妊娠可能な年代

 

の女性すべてに葉酸を 摂取するよう呼びかけを行っております。

 

厚生労働省では1日の葉酸摂取量を400μgと 定めており、2002年からは「母子手帳」

 

にも葉酸の必要性が掲載されるようになりました。

 

ベルタ葉酸サプリはいろいろある葉酸サプリのなかでももっとも新しいもので

 

美容成分を配合するなど、すべての女性にとってとっても嬉しいサプリメントです。

 

 

ベルタ葉酸サプリのいいところ

葉酸の一日の摂取の目安400μgを配合しています

葉酸は、細胞分裂には不可欠な栄養素です。

 

ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンなんです。

 

最も細胞が成長する妊娠初期(妊娠12週まで)に必要不可欠な栄養素です。

 

とりすぎもよくありませんベルタ葉酸サプリは必要な量が配合されています。

 

27種類のビタミン・ミネラルや鉄分・カルシウム・18種類の野菜配合

 

葉酸と合わせて女性に必要な栄養成分もちゃんと配合されています。

 

高品質の美容成分配合

 

BELTAブランドらしく、安心高品質のこだわりを持った美容成分をしっかりと配合しています。

 

アレルギーのことなども考えて、ツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ・コラーゲンなども高品質の成分を使用しています

 

妊娠・授乳中のお客様でも安心して、飲むことができます。

 

安心の無添加・無香料

 

「ベルタ葉酸サプリ」は、すべて自然界からの素材を使用しています。

 

もちろん放射能検出チェックもしています。

 

サポートがしっかりしています

 

出産経験のある社員がコールセンターで待機しています。困ったときには助かります。

 

 

でも副作用とかの危険はないんですか?

 

 

この質問がすごく多いです。

 

ベルタ葉酸サプリは問題ありませんが、安価なサプリのなかには合成栄養素や

 

添加物がふくまれているものがあるので注意が必要です。

 

あとは過剰摂取ですね。

 

葉酸の過剰摂取による副作用の症状としては

 

・寝つきが悪い、眠れないなどの不眠症状

 

・消化器の不調

 

・食欲不振

 

・吐き気

 

・むくみ

 

・かゆみや紅斑(こうはん)などのアレルギー症状

 

・全身の倦怠感

 

などがあげられます。もともと葉酸は不足しがちな栄養素なので

 

過剰摂取はあまりないのですが、サプリメントで手軽に採れることで過剰摂取の可能性が

 

してきされるようになりました。キチンと用法を守っていれば副作用の危険はありません。

 

逆にそれを恐れて不足するほうが怖いかもしれませんね。

 

安心してオススメできるのがベルタ葉酸サプリです。

 

いろんな葉酸サプリがあるなかで、ベルタ葉酸サプリは比較的新しく、

 

たのサプリメントにはないいいとこどりをしたサプリメントです。

 

副作用の危険もなく、サポートもしっかりしていますし、

 

このサプリメントを選んで間違いはありませんよ。

 

ベルタ葉酸サプリはこちらから⇒ベルタ葉酸サプリ公式サイト

妊娠中の食事と栄養について

 

妊娠中には必ずにダイエットを試みないようにしましょう。ダイエットをすることで、

 

赤ちゃんの成長に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルまで制約してしまう恐れがあります。

 

また、低カロリーの食生活を続けると、妊婦の脂肪がエネルギーとして使用されます。

 

脂肪がエネルギーとして使われると、キトンという物質が作られます。

 

キトンが連日作られると、赤ちゃんの知的ダメージにつながります。

 

痩せ・普通の体型で12キロ未満の体重増加で助言された人は、

 

厚生労働省のHPを見るように勧めましょう!ただし、一週間につき

 

500g以上体重が増加しているケースは、

 

カロリーによるものではなく、浮腫がみられる場合があるのでドクターと相談しましょう。

 

我々日本人の食事摂取基準によると、1日当たりのカロリー摂取量は、初期に+50カロリー、

 

中期は+250カロリー、後期は+500カロリー、授乳している人は+450カロリーを基準とされています。

 

これぐらいゆとりで食べているという人も多いかもしれません。甘いものや脂っこいものが口にしたい時期

 

かもしれませんが、できれば健康効果のある献立からのカロリー取り入れを実現させましょう。

 

イチオシスナックは、牛乳、ヨーグルト、バナナ、オレンジ、ナッツ類などです。

 

妊娠中毒症や妊娠糖尿病との関わりで、クリニックなどでウェイトについて厳格に言われている

 

妊婦さんもいるかもしれません。ところが、妊娠糖尿病や妊娠中毒症には、

 

皆さんではマネジメントできないファクターや危険因子が多く関係しています。

 

ウェイトが増えてきて皆さん自身を責め立てたり、ウェイトupを無理にダウンさせて

 

プレッシャーをためるよりも、ほっとした適度なエクササイズ、ストレス解消、

 

つり合いのとれた食生活を心がけましょう。

 

私達日本人に欠乏しやすいカルシウム。妊婦中には気配りしたい栄養素のひとつです。

 

日本人の食事摂取基準によると妊婦、授乳婦においてのカルシウムの目安量は非妊娠時と一緒で、

 

18〜29歳で850ミリグラム、30〜49歳で700ミリグラムとなっています。おなかの中の赤ちゃんはある

 

タイミングに達すると、ママの体から毎日約200ミリグラムのカルシウムを吸収して骨や歯の強化に励みます。

 

もしママのカルシウム摂取が充分でなくても、赤ちゃんはグングンお母さんからカルシウムを吸収していくので

 

ベイビー自身には危惧ありません。母体もカルシウムをじょうずにカット利用するようになるので、

 

妊娠や授乳がファクターで骨粗鬆症などにつながることはないと言われています。普通ではありませんが、

 

懐妊する前に骨密度が低い人には出産した後に骨が弱くなる場合もみられるようです。さらに、

 

出産後に歯や骨が弱くなるなどという言い伝えはあらゆる国に存在するようです。

 

何しろカルシウムがが足りない状況にしないように気をつけたいものです。

 

葉酸についての認知は、近頃では日常的に一般化してきていると思います。

 

厚生労働省は懐妊を切望する全ての婦人に1日400マイクログラムの葉酸摂取を進めています。

 

葉酸をたっぷりに摂取することで、二分脊椎や無脳症などの障害の危険が抑制できることが明確になっているのです。

 

バランス化がとれた食事内容を心がけることが何よりも大事だとは思いますが、

 

この大事なタイミングには、葉酸を含む妊婦向けのサプリメントを取ることもチェックされてはいいと思います。

 

鉄は酸素の補給にすごく肝要なものですが、妊娠中は血液量が最高で50%も増えるので鉄が足りない状況

 

になりやすくなります。また、お腹の赤ちゃんと胎盤への補給も肝要になります。食べ物で鉄分を上げる妊婦さん

 

も多いようですが、中期、後期では貧血が多くみられるのが現実です。

 

特につわりで思ったように食べ物ができなかった人はハイリスクです。

 

貧血になると疲れ易くなったり、息切れしたり、集中力が無くなったりします。鉄分のが足りない状況は早産、

 

お産の体力、出産の時の可能性に関連しているといわれています。妊娠後期に入る前の鉄が足りない状況

 

とリスクの係わりが示唆が考えられています。医療機関で貧血といわれ鉄剤を飲むのではなく、

 

鉄分がが足りない状況になる前から、食事メニューや栄養補助食品できちんと補うようにしましょう。